【AWS】EBSを再入門してみた-EBSって何?-

完全にAWSの資格試験向けに内容を整理しようとしています。なので、S3の時と同じで大した内容ではありません。

EBSとは何か?

Amazon Elastic Block Storeの略称で、EC2インスタンスにアタッチして利用できるブロックレベルのストレージサービスです。詳しくは書きませんが、EC2はインスタンスストアと呼ばれる一時的なディスクにデータが保存されます。そのため、EC2の停止・再起動によってデータがクリアされます。EBSは外付けのHDDのようなもので、データは永続的に保存がされます。

EBSの特徴

高い可用性と耐久性

これにより障害などによるデータ損失を防ぐために、おなじAZ内の複数のサーバーにデフォルトでレプリケートされています。おなじAZ内としたのは、EBSはEC2と同一のAZ内にある必要があります。逆に言えば、他のAZのEBSにEC2インスタンスはアクセスできない

ボリュームタイプ

ボリュームタイプ ディスクタイプ 起動ブート ユースケース 説明
プロビジョンド IOPS SSD (io1) SSD I/O 負荷の高い NoSQL データベースとリレーショナルデータベース レイテンシーの影響が大きいトランザクションワークロード向けに設計された極めてパフォーマンスの高い SSD ボリューム
汎用 SSD (gp2) SSD ブートボリューム、インタラクティブで低レイテンシーのアプリケーション、開発およびテスト環境など 幅広いトランザクションワークロードに対応できる価格とパフォーマンスのバランスが取れた汎用 SSD ボリューム
スループット最適化 HDD (st1) HDD × ビッグデータ、データウェアハウス、ログ処理 高いスループットを必要とするアクセス頻度の高いワークロード向けの低コストの HDD ボリューム
コールド HDD (sc1) HDD × 1 日のスキャン必要回数が少ないコールドデータ アクセス頻度の低いワークロード向けに設計された極めて低コストの HDD ボリューム
マグネティク HDD 旧世代のボリュームタイプ。データへのアクセス頻度が低いワークロードの場合やコストを最重要視する場合に使用。

スペック順

プロビジョンドIOPS SSD→汎用SSD→スループット最適化HDD→コールドHDD→マグネティック

EBSのスナップショット

スナップショットを Amazon S3 に保存する機能がEBSに用意されています。ただし、S3と言ってもユーザーには見えないバケットに保存されているため、S3のコンソール画面などからはスナップショットを確認することはできません。確認する場合は、EC2のコンソール画面から確認ができます。またスナップショットからEBSを復元する場合、別のAZでEBSを復元することは可能です。

増分スナップショット

スナップショットは増分バックアップのため、前回取得時から変更のあったブロックのみを増分バックアップします。(以下図参照)これによって、バックアップ取得までの時間や、スナップショットのストレージコストを節約することができます。スナップショットの削除する際ですが、他の世代から参照されている部分は削除されません。そのため、最初に取得したスナップショットを削除しても復元には影響がありません。

【出典:https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/WindowsGuide/EBSSnapshots.html】

スナップショットの作成

1.[スナップショットの作成] を選択。

2.[Select resource type]と[ボリューム]or[Instance ID] を選択し、[スナップショットの作成] を選択する。

※暗号化されたボリュームはスナップショット作成時に自動的に暗号化されます。

スナップショットのコピー

作成されたスナップショットを別のリージョンにコピーすることができます。暗号化されたスナップショットの場合は、鍵も同時に送るかどうかを選ぶことができます。コピーされたスナップショットを使って別のリージョンでボリュームを復元にはすることができます。

まとめ

今回はEBSについて整理してみました。EBSのボリュームタイプはAWSソリューションアーキテクトアソシエイツの試験でも頻度は高そうです。ここの整理が少しできただけでも今回はよしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です