【日記】WX06とW06を比較して私がWX06を選んだ理由

はじめに

Googleで検索するとWX06とW06の比較記事がたくさん出てきます。検索結果の上位にヒットするページはW06をおすすめしている記事が多いので、私も最初はW06で契約しようかと思っていましたが、サポートセンターの方との電話をし、自分の使い方からWX06の方が向いていると感じWX06で先程契約をしました。この記事ではWX06を私が選んだ理由を紹介します。

WX06とW06それぞれの機種紹介

WX06の機種紹介

Speed Wi-Fi NEXT WX06(グリーン 正面)

Speed Wi-Fi NEXT WX06

詳しく知りたい方は上記のリンクから辿っていただければと思います。

メーカー NEC(2020/1/30発売)
カラー ライムグリーン
クラウドホワイト
対応ネットワーク ・WiMAX 2+
・au 4G LTE
速度 下り 440Mbps
上り 75Mbps
バッテリー時間 ハイスピードモード
【通常利用】690分(11時間30分)
ハイスピードエリアモード
【通常利用】630分(10時間30分)
特徴 バンドステアリング
定期的に周囲の電波環境を判断し、自動で最適な周波数(2.4Ghz/5GHz)を選択してくれる。簡単にいうと、空いている周波数を勝手に判断して使ってくれるらしい。

W06の機種紹介

Speed Wi-Fi NEXT W06

詳しく知りたい方は上記のリンクから辿っていただければと思います。

メーカー HUAWEI(発売)
カラー ブラック×ブルー
ホワイト×シルバー
対応ネットワーク ・WiMAX 2+
・au 4G LTE
速度 下り 440Mbps(1237 Mbps)
上り 75Mbps
バッテリー時間 ハイスピードモード
【通常利用】540分(9時間)
特徴 1.2Gbpsの高速通信
USBケーブルを使ったテザリング下り最大1.2Gbps対応した速度の実現

W06は通信速度が早いのが特徴だけど、注意が必要だった

最初1.2Gbpsという通信速度を見て速いのならW06のほうが良いと思い、それで契約をしようとしたのだがサポートの方と電話をしてい気づいたことは、この1.2Gbpsを活用するためには注意が必要だった。

USBケーブルを使いPCとの接続が必要

特徴のところに書いたのだけど1.2Gbpsを活用するためにはUSBケーブルを用いて、PCとの接続が必要になる。

使えるエリアが限られる

東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア

私がW06ではなくWX06を選んだ理由

私の使用用途

  • 外出時のタブレット端末の接続用
  • 妻と出かけた時は二人で使う
  • 自宅は別でネット回線を引いているので、モバイルルータに繋ぐことはない
  • 仕事中もタブレットは頻繁に利用する。その際、会社のネットワークには繋げない(セキュリティ上)

ほしい機能

  • 速度は今と同等か、速くなるならそれが良い
  • 充電が長くもつと良いが、最悪モバイルバッテリーで対応する
  • モバイルルータだけでしか使用しない。(他の機器と繋ぐことは想定していない)

結果

PCと繋がなければ、1.2Gbpsの速度を体感できないということは、他の機器とつなぐことを想定していない私は体感することはおそらくない。そうなると充電が長く持つほうが良いということで、WX06を選んだ。

まとめ

ネットで調べるとWX06よりもW06のほうが良いという記事が多いが、私の場合はWX06の方が使用用途として向いていると思った。この記事が今モバイルルーターで何を使うかを迷っている人にとって少しでも参考になってくれると嬉しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です