【日記】最初の1週間よく頑張りました。今日の読んだ本(アウトプット大全)

はじめに

仕事始めの最初の1週間が終わりましたね。9日間の休みの後の1週間というのは、同じ時間でもどうして長く感じてしまうんでしょう。とりあえず、金曜日だけは、定時と同時に会社を出ました。もう、とにかく早く家に帰りたかったので・・・。前回の記事でインプット大全をご紹介したので、今回はアウトプット大全についてご紹介したいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]
価格:1595円(税込、送料無料) (2020/1/5時点)

楽天で購入

 

アウトプット大全

インプット大全と同時に購入しました。私はインプットばかりに集中してしまい、アウトプットが疎かになりがちです。本屋で軽く立ち読みをし、インプット:アウトプットの割合は3:7が良いという文言がなんとなく引っ掛かったのと、アウトプットする際への何か気づきがあればと思い手に取りました。

内容の簡単なご紹介

大きく5章に別れています。1章はアウトプットの大切さについて書かれていて、アウトプットを実践する事が自己成長に繋がること、そして次のインプットに繋がることについて書かれています。2章から4章は、アウトプットの方法として、話し方、書き方、行動について書かれています。5章では、アウトプット力を高めるためのトレーニング方法?というか、具体的なアウトプットとしてすぐできそうなことを紹介しています。

この本を読む人へ

インプット大全、アウトプット大全を読んで思ったことは、目次を読んで、気になった記事だけ読めば良いような内容になっています。両方とも1章を読めばこの筆者が言いたいことの本質は書かれています。あとは、目次を読んで気になるところを読むというので、十分という内容な気がします。それぐらいシンプルに内容は書かれています。

終わりに

この本を読んで、アウトプットする際に意識をしようと思ったのは、フィードバックについて。一度アウトプットをするとそのまま・・・ということは多々ある。見直し、反省、改善、方向修正、微調整、原因究明をして次のインプットにつなげる事を意識していきたい。また、もう1つはフィードバックを行うために学びを「広げる」ことと、「深める」ことをフィードバックする際に意識したい。自分が学びたいことがあれば、それに対して「なぜ?」という疑問を持ち、調べて深めていきたい。また、深めることがストップしてしまうこともある、その時は広げる事を意識して別の事をまずはやってみようと思う。自己成長に繋げるために、自分の意識改革が今年は大切になっている気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です